Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//税理士試験。簿記2級の勉強経験者の一発合格の可能性 ~TAC現役講師の学習のすすめ~

試験勉強ブログ

税理士試験。簿記2級の勉強経験者の一発合格の可能性 ~TAC現役講師の学習のすすめ~

税理士試験はまず簿記論・財務諸表論?

必ずしもそうだとは思いませんが、私自身も最初の税理士試験の科目合格は簿記論でした。

この記事では

・簿記2級と税理士試験の違いに戸惑っている。

・簿記論や財務諸表論を複数年経験している。

といった税理士合格を目指す受験生にむけ、TAC現役講師の私の経験をお伝えします。

 

※前のブログの補足説明のうち、そういえば前のブログでは言及していなかったこと。

今回は結論から言うと「予習の大切さ」について主に説明します。

 

目次

簿記2級も持っていなかった私のスタートではあるが、

「簿記2級も合格できないまま先に進んだ簿記論。

当然ですが、半年で挫折しました。」

しかし、このタイミングで忘れてはいけないのは、不合格ではあるし、挫折もしましたが、簿記論・財務諸表論の各項目について「名前くらいなら聞いたことがある」状況であったことです。

名前くらいなら聞いたことがあった私は、再開時点で普段あまりしない勉強方法を採用していました。それは「授業開始前日に2時間ほど予習」です。

質の良さのためには量をこなす

前回のブログからの抜粋です。

当時は意識しなかったのですが、思い返してみると、おそらくこことの関係もありました。

“Aを深く早く理解する基本構造は「Bと同じ」と「Cとは違う」との繰り返しです。
これが「B・D・F・H・J・Lと同じ」で「C・E・G・I・Kと違う」
まで進めば、より早くより正確にAを導き出せる頭の設計が出来上がります。
このためには「類題」と「失敗体験」とは、最終的に目的とする「成功体験」のためには不可欠な要素です。

↑ ここですね、結論から言うと「前日の予習」は読んでも半分以上「よくわからない」し「間違えて理解している」のですが、この、

「よくわからない」が→類題の収集



「間違えて理解している」が→失敗体験

だったのだと感じます。

感情をもって勉強する

そのため、実際の授業では、この予習したあいまいな知識のブラッシュアップになり、おそらくただただ聞くだけの授業ではなく、疑問や関心をもって先生の話を聞けていたので、そのあとすぐに宿題のトレーニングを解きにいくだけのモチベーションだったのだと思います。

予習があったので

「わからなかったところが分かるようになる」

「知らなかったことが知れるようになる」

この感動 ( 成功体験 ) を授業の最中に実感していたのが、

物量勝負で乗り切った最初の半年の簿記論と、

税法科目の両立ながら危なげなく合格した財務諸表論に肝要だったのだと思います。

 

もういっこ補足説明

※完全に思い出しながら書いています。後付けかもしれませんが事実は事実ですのでご容赦ください。

大学受験の塾講師時代も、似たような経験はやっぱりあります。

大学受験も基本的に準備は1年前からですが、部活動などの引退後の生徒であれば夏から学習を開始します。

夏から学習を始めた生徒はもちろん伸びしろは十分にありますが、やはり最初は苦戦します。秋の終わりごろに本格的に過去問に近いレベルの問題を解いていくのですが、私は英語と日本史の担当をしていました。

英語であれば「長文読解」

日本史であれば「文中の選択肢の穴埋め」

難しいと思っていた問題を正解出来た際に生徒にたいして「この問題良くできたね!難しいのに!!」と聞くと

おおむね

似たような話の長文、前に学校でやってん」

やら

前に間違ったから覚えててん」

やら

やはり「似たようなのはわかる」「これとは違う」

は、正解を導き出すうえでほんとに大切な要素です。

 

最適な予習はこのタイミングくらい?かなぁ

とはいえ、税法科目からはそれぞれ3年・3年・2年と複数年かかった私です。

税法科目からは、最初の一年目からは予習できなかったです。

完全にはじめましてからの予習はもしかしたら効果はあったのかもしれませんが、実際にやっていないのでわかりません。もしかすると一年目から予習していた方が強かったのか?うーむ、悩みどころです(笑)

まとめ

今回のテーマは簿記2級学習経験者が、簿記論や財務諸表論の学習をする際の、一つの参考としてお伝えしました。お伝えしたかったのは、

 

・「似たような話を知っている」と

 

・「間違えたことがある」とは

 

・答えや成功体験を導き出すうえで大切な要素で

 

・ひとつの選択肢として「予習」の可能性もある。

 

という部分です。

このうち、初めての税理士試験の科目としてよく選ばれる「簿記論」「財務諸表論」は、「簿記2級」という類題が身近にあるため、他の初学の科目よりは効果があるのかなと思っています。

 

おわりに

相模原市中央区の税理士・ファイナンシャルプランナー梨井俊税理士事務所では、
税理士試験受験生・会計事務所勤務の方向けの情報発信媒体として有益な情報を更新していきたいと思います。
税理士としての新しい働き方も常に模索中です。

ともに成長していければと思っています。
ここまでお目通しくださり、ありがとうございます。

梨井俊税理士事務所

SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧